公民館の生い立ちと施設

昭和24年に、社会教育法が制定され、これを受けて金沢市公民館設置条例が定められた。

金沢市内の全校区に公民館の設置をみたのは、昭和27年度からで、富樫公民館も昭和27年4月1日に富樫小学校の一室を借りて開館しました。

その後、富樫村が金沢市に編入してから後、金沢市役所富樫出張所になっていた旧村役場の建物を昭和28年の出張所廃止からは、富樫公民館として使用しました。

現在の公民館は、児童館を併設し、昭和52年(1977)9月に起工、翌年53年4月に完成したものです。総事業費は約7,000万円で、その3分の1の2,300万円の地元負担であった。

施設は、事務室、集会室、調理実習室、図書資料室、研修室、大ホール、視聴覚機材室等を備えています。開館した当初25町会、2,563世帯であったが、現在では32町会、3,284世帯となり公民館の果たす役割もますます重要なものとなっています。

施設平面図

ホール・集会室は床をリフォームし、見違える程明るく使い易くなりました。